相続税について | 札幌で相続・遺言なら萩原司法書士事務所

遺言・相続に関する無料相談はこちらから

011-211-6186

平日9:00~18:00(土日祝は要事前連絡)

WEBからの無料相談24時間受付中! →

相続税について

相続税とは

相続税と聞くと「多額のお金を払わなければいけない」というイメージがあると思いますが、実は必ずしも相続した全ての人にかかるものではありません。「基礎控除額」というものがあり、この基礎控除額以下の相続では、相続税はかからないようになっています。現在の日本では、相続税を払う人は全体の数パーセント程度とされています。

相続税の納付は、原則として「10ヶ月以内に、現金で納付」ということになっています。
期限を過ぎると延滞税などが発生する場合があります。

相続が発生した時、まずはご自身が相続税を払う対象なのかを確認しておく必要があります。

相続税計算の仕組みについて

相続税は、遺産相続及び法定相続人と法定相続分という客観的基準で算出されます。
相続税の総額は、実際の相続割合に応じて、各人の相続税額を算出します。
この算出税額から各種の税額控除を引いたものが、実際の納付税額となります。

被相続人Aさんが残した全ての財産

相続開始前3年以内の贈与財産

2億円(=課税価格の合計金額)

課税価格から基礎控除を差し引く

課税対象となる額:2億円 ー 基礎控除額:4,800万円

3,000万円 + 600万円 × 3

法定相続分で分配する

相続税の総額 = 1,580万円 + 560万円 + 560万円 = 2,700万円

※実際の取得財産の割合であん分

実際の取得相続分による各人別税額計算

2億円の内、実際の相続分

  • 税額控除後の納付税額計算

  • 税額控除後の納付税額計算

  • 税額控除後の納付税額計算

各種税額控除後の納付税額計算

相続税の速算表

法定相続人の取得金額 相続税率 税金控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

連帯納付義務に注意!

相続税は、通常の場合、財産を取得した者に納付義務があります。

しかし、相続税法により、負担の公平や相続税債権の確保を目的として、共同相続人相互間など一定の者の間において連帯納付義務を負うことが定められています。

▲クリックで拡大

< 無料相談サービス >

お問い合わせやご質問も下記からお気軽にどうぞ。相談は無料です。

  • メールでのお問い合わせ
萩原司法書士事務所 相続・遺言専門サイト
  1. 相続税について